自己流二日酔い対策

忘年会や歓送迎会が続くと、翌日も早くから仕事であってもお酒を飲む機会が増えます。

 

会社の飲み会であっても、社外の飲み会であっても、わたしにとってお酒の席は楽しいものですので、ついつい沢山飲んでしまいます。
翌日のことを考えないで飲めれば最高ですが、それでも次の日に二日酔いになると、せっかくの楽しかった時間が気分とともに台無しになってしまうので、できるだけスッキリと目覚められるように自分的に対策を行っています。

 

まずは、お酒に対しての自身の体質的なことを分析するといいと思います。特に深酔いしてしまうときにはどんな銘柄を飲んでいて、何をつまみとして食べていたかを思い出してみましょう。きっとそこにヒントが隠されています。

 

思い返していくと、自ずと色々あるアルコールの種類の中でも、いくつか酔いやすいものがあるのではないでしょうか?私の場合はそれが存在し、体調が万全ではないときにそれを飲むと、すぐに酔っぱらってしまい、その後多くの場合に二日酔いになっていました。

 

私の場合は赤ワインと日本酒が酔いやすい体質のようです。
色々考えたところ、発酵させたお酒が体質的に苦手なのかもしれません。その代わり、焼酎やビールなどはどんなに飲んでも、それほど深酔いに繋がることはありません。そのことを自覚してからの飲み会は、ワインを選ぶ時には発酵したお酒であっても、不純物の少ないビオワインの白を選んだり、日本酒は控えてビールや焼酎を飲むようにしました。

 

お酒を飲む際の食べ物にも気をつけています。
私は何故だか、温かい物と一緒にお酒を飲むと、酔いがまわりやすいことがわかりました。例をあげると、ビールを飲みながらお鍋を囲んでしまうと、食べ終わることにはべろべろな状態になっていまいます。ですから、食事中はなるべく食事だけを摂るようにして、ある程度お腹に食べ物が入った状態からはお酒だけを飲むというようにしているのです。

 

一度の飲みの席では、あまり色々なお酒をちゃんぽんせずに、決まったものをずっと飲み続けるのも二日酔いの防止策になっています。

 

お酒が好きでも、体質に合わないものというのはやはりあるのだと思います。そしてお酒の値段も多少関係するとも思います。値段の安いお酒はそれだけ不純物が多いのか、少量でも酔いやすいように感じます。

 

これらをわかった上で、何を飲むか決めれば、二日酔いになるような深酒をせず、楽しくその日を終えられると思います。