効果的な二日酔い対策について

お酒を飲む機会が多いですし、二日酔い対策に関しては色々と行ってきた事があります。

 

そもそも自分自身がお酒に対する耐性があるかないかを把握する所から始めた方が良いですし、日本人は欧米人と比べるとアルコール分解酵素を持っている人が少ない傾向にあります、大きく分けると三つに分ける事が出来て、アルコール分解酵素が多い人、分解酵素が少しの人、分解酵素を持っていない人で、分解酵素を持っていない方の場合はそもそも二日酔い以前に飲まないという事が最高のアルコール対策になりますし、飲む事は避けた方が良いです。

 

分解酵素を少し持っている人の場合は全く飲めないというわけではなく、そこそこ飲めるという方が多く、こういうタイプは二日酔い対策を積極的に行った方が良いでしょう、アルコールが回りやすいですし、深酒してしまうと次の日から身動きが取れないという事も起こりえます。

 

私も酵素量が少量のタイプなので、お酒に強い人と一緒に飲むと、強い人は翌日でも元気に活動出来ますが、私の場合は身動きが取れないという事になっていました、酒を飲めば多少慣れていく側面がありますが、遺伝子の問題なのでどうしても限界がありますから、二日酔い対策の為にはアルコールの吸収を少なくして、分解力をサポートする為に肝臓や腎臓の機能を高める事が必要になります。

 

ニンニクを食べておくという方法は効果的で、肝臓機能を高める事が可能ですから二日酔い対策として優秀な効果を発揮してくれます、ニンニク摂取があるか無いかではアルコール摂取後の回復に差がある事を実感出来るものです。

 

飲酒後には水を沢山飲んでアルコールを薄めるという事も効果が高いです、飲酒後には水を沢山飲むようにすると良いですし、他にも肝臓機能を高めるウコンのサプリメントを活用する事も効果が高いです。

 

私の場合は若干飲める程度のタイプですが、酒を飲む場が好きですしなるべく飲んで楽しみたいものです、禁じ手のような形になりますが、酒の強い人と一緒に飲む時にはあえてアルコールを出すという事も効果的で、指を口の中に入れてアルコール分を出してしまうとスッキリしますし、これは二日酔い対策として極めて有効な手段になります。

 

普通にお酒と付き合いながら二日酔い対策を行うならば、酒を飲む前にニンニク摂取をしたり、牛乳等を飲んで胃をコーティングしておく事や、飲酒後に水を飲んでアルコールを薄めるという形で、飲酒前後の対策を取る事で二日酔いを防ぎます。